パンプスのお手入れ~雨に濡れてしまった後のお手入れの方法は?

雨にぬれたパンプス

パンプスが雨に濡れてしまった後にそのまま放置すると、
シミ型崩、さらにはカビやイヤな臭いの原因となります。

 雨に濡れた後は、ちゃんとお手入れをしてトラブルを未然に防ぎましょう

 

         ■正しいお手入れの方法

パンプスの正しいお手入れ方法画像1.先ずは表面の水分をタオルやキッチンペーパーなどで丁寧に拭き取ります。

2.つま先部分に吸水性の高い紙を詰め込みます。キッチンペーパーがベスト、
新聞紙は色移りすることがあるのでできれば避けた方が無難です。

3.日陰の風通しの良い場所で2日ほど置いて乾燥させます。
急な雨でずぶ濡れになった場合には1週間ほど乾燥させて下さい。
乾燥中にはつま先に詰め込んだ紙を交換して下さい。
インナーが湿った状態が続くとイヤな臭いが付いてしまいます。

4.乾燥が終わったら仕上げにクリームを塗って革にうるおいを与えてやります。
梅雨時などには、防水スプレーを塗っておくのがおすすめです。

【役に立つパンプスに関するその情報】
知っとくと便利!パンプスの構造と各部位の名称
パンプス正しいサイズの選び方~試し履きでの注意点
動画で学ぶパンプスのお手入れ方法
パンプスの嫌なニオイ解消に有効な2つの対策

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

レディースシューズ&バッグ、ファッションのセール情報

レディースシューズ お得なセール情報
ページ上部へ戻る