記事の詳細

兵庫県警伊丹署は6月18日に、女性の靴を盗んだ疑いで尼崎市の
無職 蛭井孝郎容疑者(35)を逮捕したと発表しました。

以前当コラムでも取り上げた大阪高槻市内で連続発生していたパンプス強盗との関連が気になるところです。

今回逮捕された蛭井孝郎容疑者の直接の容疑は、2011年3月30日ごろから2013年4月22日ごろの間、
伊丹市や西宮市、篠山市の体育館や公民館などで、靴箱などから女性の靴15足を盗んだという
窃盗罪です。

高槻のパンプス強盗が認知されたのが2011年7月頃からですから時期ほぼ重なるのですが、
逮捕容疑には高槻市内での犯行は1件も無いようです。

また、高槻の犯行は女性の履いている靴を無理やり脱がすという荒っぽい手口を特徴としているのに
対して、今回逮捕された蛭井孝郎容疑者の容疑はいずれも”窃盗”で両者の間には大きな違いがあります。

このようなことから、今回の事件と高槻市連続強盗事件との間に関連性は無いとみるのが妥当とも思えます。

しかし、蛭井容疑者の自宅を捜索した結果、ブーツやパンプスなど108足もの靴が押収されて
いることから、窃盗以外の余罪の可能性も十分に考えられます。

尼崎から高槻までは東海道本線で40分程度とそれほど離れていないことから、
やはり両事件の関連性を疑いたくなります。

警察も両事件の関連性を念頭に捜査していることでしょうから事件の経過が気になるところです。

捜索の結果押収されたパンプスやブーツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レディースシューズ&バッグ、ファッションのセール情報

レディースシューズ お得なセール情報

関連記事

ページ上部へ戻る