記事の詳細

先月(2013年4月)の15日の午後11時半ごろに大阪府高槻市で、女性会社員が
後ろから付けてきた男に両足を掴まれパンプスを強奪される事件が起きました。

高槻市内では2011年の7月以降、女性のパンプスやブーツが奪われる事件が
多発しており、いまだ犯人は捕まっていないとのことです。

ちなみに、被害者は10~40代までで、被害の内訳はハイヒールパンプス8件に
ブーツが2件とのことです。

いきなり、両足を掴まれて靴を脱がされた被害者たちはさぞ驚いたことでしょう。
先月の事件では、幸い擦り傷程度のケガで済んだようですが、場合によっては
生命・身体に重大な被害を及ぼす危険を含む行為ですので、早く犯人が捕まることを
願うばかりです。

1年弱の間で、被害届けがあっただけで10件、約1か月に1件のペースになります。
新聞・テレビでも取り上げれれていいるに拘わらず、同様の犯行が続くのは
強い常習性を持った変質者の犯行に間違いないでしょう。

いわゆる、パンプスフェチというやつで、履き古されたパンプスやブーツに
性的興奮を覚える変質者です。

居酒屋の座敷の下駄箱などでパンプスを盗まれたという話は身近なところでも
聞いたことはありますが・・・・、
無理やり脱がして奪い取る強盗となると窃盗とは明らかにレベルが違います。

おそらく、女性から靴を奪うこと自体に異常な興奮を覚えて、それが常習化
しているのでしょう。性犯罪の常習犯に近い心理構造でしょうから、
捕まるまで犯行は続くと思われます。

大阪のお住まいの10代~40代ぐらいまでの女性はご注意ください。

もし、万が一被害にあった場合は、奪われた靴を自力で取り戻そうとする
ようなことは、犯人を刺激させるだけですので絶対に避けるべきです。

すぐ周りに助けを求め、なるべく正確に犯人の特徴を記憶にとどめることに
専念すべきです。

犯人の正確な目撃情報があとで犯人逮捕に繋がる可能性は大ですから。

その後の経過はコチラ ⇒ 大阪のパンプス強盗続編~女性靴フェチの靴ドロボーが逮捕

 

2017秋冬レディースファッション セール情報

レディースファッションのセール情報

30日間無料返品OK!
シューズ&バッグをはじめ人気アイテムが勢揃い。
国内外のレディースファッションブランドを自宅でお試しできる!

関連記事

ページ上部へ戻る